浮気調査

結婚前 浮気・身元調査おすすめ探偵

 

 

 

 

 

 

 

浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自力で浮気の証拠を押さえることは現実的ではありません。
ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、話を有利に進める材料になります。配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、興信所や探偵に調査を依頼しましょう。調査費用はかかりますが、カップルでラブホテルへ入ろうとする写真など、あきらかな証拠が得られるでしょう。探偵業者を選ぶなら、その会社の評価や口コミ情報を調べることが必要不可欠ではないでしょうか。悪質なところだと、高額な追加料金が上乗せされたり、満足な調査をしていないこともあるようです。ある程度、安定した評価を維持している会社に頼めば、悪質な請求をつきつけられる可能性もありません。
不倫や素行調査といった業務を任せる上で安心できるでしょう。

 

ダンナの不倫や隠し子などの調査依頼のために探偵の元を訪れるとかいう設定は、レディコミやドラマでもしばしば見かけたりします。物語に登場する探偵の仕事は視聴者にも「想定の範疇」なので、なんだか簡単にできてしまいそうに思えます。
でも、たとえば警戒している調査相手にわからないように行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、簡単な仕事ではありません。先方にバレては余計なトラブルに発展しかねませんし、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。

 

参りました。うちの旦那さんの浮気って、ほとんど病気なみに身についたもののようです。

 

 

結婚する前からと合わせると幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。根掘り葉掘り問いただす気はありませんが、浮気癖は直らないって言いますよね。どうして直らないんでしょう。一度ならず繰り返す彼を許して生活をやりなおす価値すらないような気がして、いいかげん別れるしかないでしょう。

 

 

 

近頃ではスマホが元で隠し続けていた浮気がバレるという例が増加しています。
パソコンのメールや携帯電話の着歴に代わり、現在はスマホのラインなどのSNSやメールに不倫の履歴が隠れている可能性は高いです。

 

ロックをかけていたり、入浴時や寝るときにも隠しておいているようなら、十中八九、浮気の証拠がそこにあると考えて間違いないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫の調査を興信所にさせるなら、個人情報を伝えずに依頼することはできないので、誠実な会社に頼むべきです。

 

安くて良かったからと依頼したらスタッフがアルバイトで、未熟な調査能力のせいでお金を溝に捨てるような事態になった例もゼロとは言えません。

 

 

そんな状態を避けるために、契約する前にネットの評判などを調べてみて、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

 

業界で名の知れた会社が一番良いとは断言できないものの、規模の大きな興信所を選んだほうが損はないと思います。
中小にも良い会社はあるはずですが、中にはきちんとした探偵業務も行わずに高額な料金をとったり、料金が不明確だったりする会社もあります。

 

また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、重要です。
納得がいかないようなら依頼すべきではありません。パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、浮気の証拠をしっかり掴んで、片方、ないし両方に慰謝料を求めるのが有効です。

 

 

 

一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、あまり深く考えていないケースも多いですから、賠償を求めることで、事態の深刻さを自覚させるわけです。もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、ベストな対応をするべく、心を落ち着けることを優先しましょう。
いまさら夫婦関係を続けていくことに抵抗があれば、離婚と慰謝料といった問題も出てきます。
二人で会う機会を作り、これからどうするかしっかり話し合うと良いでしょう。

 

浮気の理由とかきっかけを聞いてみると、そのほとんどは、単調な結婚生活が嫌だったというものです。また恋愛対象になってみたいという気持ちが不倫を美化してしまうところもあるようです。

 

そんなことにならないよう、お互いの話に耳を傾け、何を我慢して何を求めているのか、問題点を話してみて、認識するのも大事なのではないでしょうか。浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。

 

それにはただストレートに聞いてみるだけでいいのです。

 

 

 

嘘を言うときには人はカラ威張りのように不自然な態度で短く答えがちですからね。
また、少し訊かれただけで、聞きもしない詳細を喋り出すのは限りなくクロに近いです。
心に負い目があると、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。

 

目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでもすぐ判別がつきます。

 

これから配偶者の浮気について、新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、一律いくらとか安価なところは魅力的です。ただ、理由もなく安い場合は気をつけた方がいいです。安いけれど調査品質もそれなりだったという場合もあるので、正式に依頼してしまう前に、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかも調べておくと良いでしょう。以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、インターネットで調べてみたんですけど、けっこう業者さんって多いんですね。
問い合わせは複数の会社に行い、こちらの気持ちをよく理解してくれた会社に頼むことにしました。

 

 

調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、決定的な証拠を目の前にすると、頭の奥がスーッと冷えました。

 

 

 

いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。よくあるのは、配偶者の浮気の証拠が欲しいという依頼で、追尾対象の行動的にシロだったという事例です。ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、満足な結果が出せないときもあるわけで、自分が選んだ探偵業者の方針や利用者評価等をあらかじめチェックしておくことで回避できるでしょう。あとは、依頼者と探偵がお互いによく話して疑問点を解消することも、良い成果を得るためには重要です。浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵会社によって幅があります。一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、最低でも二社以上に見積りしてもらうのをおすすめします。

 

 

 

それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、なるべく詳細に説明しておくと、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、コスト削減にもなりますし、仕事の精度も上がります。一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。
やはり人気をもとに選ぶのがいいでしょう。ちょっとウェブで調べてみると、そこを利用した人のクチコミ評価などがわかるでしょう。自分が住んでいる近くで評価の高い業者を見つけ、依頼すれば、あとは業者に任せるだけで済み、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。
だいたい察しがつくかもしれませんが、不倫関係を解消した理由としてやはり一番多い答えは、「ばれてしまったから」です。だから証拠さえ見つければOKかというと、自分でやるのはそう簡単なことではありません。どうしたって探偵事務所や興信所等に怪しい点を探ってもらう方が、確実性があるというものです。
とはいえ、不倫の気配に気付くまでは自分でやらなければいけません。

 

不倫行為があった場合、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。しかし利害がかけ離れた人間同士で話し合いを持つと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、横道にずれたり頓挫することも多いです。うまくいかないときは訴訟になるケースもあるので、弁護士を頼んで無難なところでまとめあげてもらうのも「あり」ではないでしょうか。複数の探偵業者が存在する以上、競争というものが発生します。
その中で、相場より安く請け負うところや均一価格でOKという会社も増えているようです。

 

 

 

とはいえ、オプションがついたりすることもあり、あとになって料金が割高になることもあるので、もしそこに依頼するなら、疑問点について説明してもらい、請求トラブルにならないようにしましょう。

 

質問への答え方で会社の信頼度もわかると思いますよ。
ほんの火遊びのつもりでも、妻からすると人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。

 

信頼を裏切る浮気を黙認することはありません。
浮気の証拠といったら、すぐ思いつくのは、携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って連絡をとっていると考えるのが妥当です。フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、誰かの後をつける尾行を連想する人は多いです。

 

調査対象に内密に移動を共にし、依頼人の求める証拠を見つける調査です。
調査していることがバレることはほとんどありませんが、後を追う調査員は対象となる人物の動きを予測しておく必要があります。

 

想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、探偵の業務です。

 

 

相手に知られては依頼者の不利になるので、必死です。不倫の調査を頼みたいけれど、離婚の準備をしているみたいで気が滅入る。
意外とそんな人は多いです。でも、そう難しく感じることもないと思います。離婚裁判にせよ、浮気をやめさせるにせよ、肝心の証拠を押さえておけば不利にはならないですからね。

 

もちろん何もしないでいることも選択肢の一つではありますが、すっきりと解消したい気持ちがあれば、探偵に相談するのが最もストレスの少ない方法だと思います。

 

 

 

相手の不貞行為が判明した場合は、落ち着けと言われても無理かもしれません。

 

でも時間の経過と共に冷静になってくるはず。そのときは、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。

 

 

浮気なんていうものは、裁判での離婚理由にもなる「不貞行為」なのですから、あなたの胸の内では割り切れないものがあるでしょうが、心労や今後の生活上の不都合に対する慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。近年SNSの利用者が急増しているせいか、便利に使いすぎて浮気がばれてしまったというパターンも多くなりました。もし休日や夜間にもかかわらずSNSをやたらとチェックするそぶりがあれば、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると疑ったほうがいいかもしれません。相手がSNSでどのようなそぶりを見せるかは、不倫の有無を判断する好材料になるかもしれません。もしこれから探偵社に依頼しようと思ったら、事前に評判をチェックすることが不可欠だと思います。
悪質なところだと、不当に高い料金を請求してきたり、満足な調査をしていないこともあるようです。
定評のある会社を選べば、悪質な請求をつきつけられる可能性もありません。何より、良い仕事をしてくれると思います。探偵を使ってパートナーの不倫を調べてもらう際は、結局のところ何を主眼に調査してもらうかをきちんと話し合っておく事が重要です。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。

 

 

何を目標にするかによって調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくるわけですから、大事なことです。普通の仕事への対価と比べると、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの料金は、高いように思う人が多いようです。割安だからと安易に業者を頼んだものの、不倫の決定的証拠が得られなかったら、お金の無駄どころではありません。
結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。しかし、高額な代金を請求するところが必ずしも調査能力が高いわけではないのが難しいところです。
探偵を雇って浮気調査をしてもらうとき、その代金は依頼者にとって、気にするなというほうが無理でしょう。このごろは、調査業務に関する相談は無料という事業者も増え、料金面での不安はなくなりました。もし、悪質な業者にあたる危険性を危惧しているならば、先方の営業所は避けて、表通りにある喫茶店など人の多いところで懇談するのも良いと思います。

 

 

 

不当な契約の強要から身を守るための手段です。世間的には離婚した際、浮気していた側は親権が得にくいという話が蔓延しているようです。

 

でもそれは、絶対的なものではないのです。裁判上の親権の判定では、子供と生活上きちんと接しているか(同居が前提)や、どれくらい育児に関心を持ち、かかわっていたかなどを考慮します。要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかがカギなのです。

 

 

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差は単なる社名の違いと思って頂いて構わないでしょう。
双方とも探偵の業務を行うという点では変わりないです。

 

もし依頼するのが浮気調査などであれば、同じものと思っていただいて支障はありません。

 

 

と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、事業者ごとに特徴があるため、そのあたりはおさえてから契約したいものです。

 

 

もしパートナーの浮気調査で探偵を利用するのであれば、それなりの代金がかかることを覚悟しなくてはなりません。探偵の相場ですが、不倫の調査などで3日で12万ないし14万くらいをみておくと良いでしょう。

 

 

 

時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、何を依頼するにも数十万程度と見積もっていれば足りるでしょう。
たとえ不倫調査という正当な理由があっても、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等をクライアントに報告する探偵業というのは法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。
探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。

 

 

 

法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは調査業務を取り扱う会社に関する統一の法規制が存在しなかったので、業者の違法行為によるトラブル発生抑止のため施行されました。
テレビでは見るものの、実際に探偵を利用したことのある人は少ないはず。
浮気調査をしてもらおうと決めたところで、どこにしたらいいんだろうと悩むのが一般的なのではないでしょうか。業者は公安委員会に届けを出す必要があり、認可を受ける必要があります。認可後は業者(営業所)ごとに番号が交付されるため、届出をした正規事業者であるかは番号を見れば判断がつきます。ですから広告や看板、ホームページ等に届出番号を明記しているかどうかは確認しておかなければいけません。

 

 

 

今更なのでぶっちゃけちゃいますが、うちの主人の浮気行為は、一時の気の迷いなんかではなく、まさに芋づる式でした。それも私と結婚する前から、幾度となく繰り返してきたようで、相手もたくさんいるし、私の知り合いもいました。今さら知りたいとも思いませんが、男の人の浮気って限度があると思うんですよ。
許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる気力というのがなくなってしまって、別居するくらいなら離婚のほうが良いと考えています。近頃はスマホを情報源として不倫が露見するといったケースも増えてきました。

 

 

 

高機能のスマホが生活に欠かせなくなっている現在、フリーメールを含むメールやLINE履歴に浮気の証拠が残っているというのは当然でしょう。

 

わざわざロックしてあったりしたら、浮気の可能性はほとんどクロに近いグレーと考えて間違いないでしょう。